プロバイダ乗り換えの大まかな流れ

乗り換え前に順番をチェック!

フレッツ光のプロバイダを変更する時には、必ず順番に沿って進めていく必要があります。
なぜなら、利用中のプロバイダを先に解約してしまうと、インターネットが使えなくなる期間がでてきてしまったりするからです。

 

今回は、フレッツ光のプロバイダ切り替えをおこなう際の順番についてご紹介したいと思います。ご紹介する順番はあくまで一つの順番になりますので、この順番が絶対に正しい!というわけではないことを了承の上、参考にしてください。

契約中のサービスプランを確認

今フレッツ光で契約しているサービスプランを確認して下さい(ファミリータイプ、マンションタイプなど)。プロバイダ変更をおこなう際にどのタイプで申し込むかという項目が出てくるので、確認必須です。

「プロバイダのみの変更」を申し込む

プランが判明したら、プロバイダ変更の手続きをします。回線とセットではなく、プロバイダのみを申し込めばOKです。

新しいプロバイダから送られてきた接続IDなどを設定

申し込んでから約一週間前後で接続IDが同封された契約書一式が届きます。設定ガイドが入っているプロバイダは、それを見ながら接続設定をおこないましょう。

前まで使っていたプロバイダを解約する旨を電話する

ここまで来て初めて前のプロバイダに連絡をします。
もし、明確にプロバイダ開通日がわかっているのであれば前もって連絡して「●日に解約します」と言っても良いですが、念には念を押して、新しいプロバイダが繋がったのを確認してから前まで使っていたプロバイダを解約することをおすすめします。

 

以上がプロバイダの乗り換えの流れになります。
工事が不要なので、流れもシンプルになっています。