IPv6

IPv4からIPv6に切り替えると速度が速くなる?

ネットの速度を改善するのにはいくつか方法があります。
当サイトでもネットの速度が遅い!考えられる原因と対策を伝授!でまとめています。

 

このページでは簡単にできて速度アップが見込めるIPv6接続についてまとめました。現在IPv6ではなくIPv4を利用している人は一見の価値ありです。

IPv6とは なぜIPv6にすると速くなるのか

インターネットに接続するデバイスには固有のIPアドレスというものが割り当てられます。このIPアドレスを通してインターネットに接続します。

 

IPアドレスにはバージョンがあって、長く使われているのがIPv4です。ただ、このIPv4では規格上約43億個までしかIPアドレスを割り当てることができません。

 

昔はパソコンしかネットに繋がるものがありませんでしたが、今はスマホをはじめゲーム機や体重計までネットに繋がる時代です。

 

このままではIPv4が枯渇してしまう問題に対応するために新しい規格としてIPv6は登場しました。IPv6ではほぼ無限にIPアドレスを割り当てることが可能になります。

 

ただし、IPv6で接続するためには回線やプロバイダから使うデバイス、接続先のWEBサービスまでIPv6に対応している必要があります。

 

ここにIPv6にすると速度がアップする理由があります。まだまだIPv4環境のユーザーよりIPv6に対応している環境のユーザーの方が少ないので、速度が落ちにくいというわけです。

 

ネット環境はよく道路事情にたとえられますが、ここではIPv4が渋滞している道で、IPv6は空いている道になります。

 

もちろん、接続する先がIPv4にしか対応していないと、こちら側がIPv6でもIPv4の接続になるので速度アップは見込めません。

 

また、IPv6でも次に説明する接続方式によっては速度アップがあまり見込めない場合もあります。

IPv6にはPPPoEとIPoEの2種類ある

NTTが保有するIPv6ネットワーク(NGN)に接続する方法によってPPPoEとIPoEに分かれています。それぞれ特徴があるのでおさえてきましょう。

 

ちなみにIPv4はPPPoE方式です。

IPv6 PPPoE(トンネル)方式

従来のIPv4と同じ方式なのでプロバイダとしては導入するのが簡単です。

 

しかし、PPPoEではトンネル方式という別名の通り、仮想化された制限されたトンネルを通ってインターネットにアクセスするため速度が抑えられます。

 

また、PPPoE方式ではNGNとインターネットにアクセスするのに2つのIPv6アドレスが出てしまいます。これをマルチプレフィックスと呼んでいます。

 

マルチプレフィックスがどんな問題を引き起こすかというと、本来インターネットに送られるはずのパケットがNGNにいったり、反対のことが起きてパケットロスが起きてしまいます。

 

マルチプレフィックス問題を防ぐために専用の外部アダプターが必要です。ただし、ひかり電話対応ルーター(ホームゲートウェイ)ならPPPoE機能が搭載されているので不要です。

IPv6 IPoE(ネイティブ)方式

デバイスから直接NGNに接続するので、PPPoEと違ってIPv6アドレスは1つしか出ません。

 

したがって、マルチプレフィックス問題とも無縁なので、専用の外部アダプターなども不要です。

 

PPPoEを利用せずにインターネットにアクセスするため、ユーザーが少ない空いている快適な環境になります。

 

難しい用語を並べて書いてきましたが、要するにIPv6のIPoE方式にすればOKというわけです。

プロバイダごとのIPv6接続方式と注意点まとめ

プロバイダごとにIPv6の接続方式が異なります。ちなみに基本的に無料で使えます

 

大手プロバイダのIPv6の接続方式、申し込み必要の有無をまとめました。
プロバイダ別IPv6対応表

プロバイダ 申し込み 種類
OCN 不要 OCN光/ドコモ光(IPoE)

フレッツ光(PPPoE)

Yahoo! BB 必要&有料(月500円) フレッツ光/SoftBank光(IPoE)
So-net 不要 So-net光(IPoE)

フレッツ光(IPoE)

BIGLOBE 必要 ビッグローブ光/フレッツ光/ドコモ光(IPoE)
NTTぷらら 不要 ぷらら光(PPPoE)
@nifty 不要 @nifty光(IPoE)

OCNは光コラボのOCN光やドコモ光(OCN)ならIPoEで接続できます。フレッツ光の場合はPPPoEになります。

 

BIGLOBEは別途申し込みが必要ですが、どのサービスでもIPoEでの接続です。

 

ぷららは残念ながらPPPoE接続のみです。せっかくIPv6に変更しても速度アップはあまり見込めません。

光コラボにすれば基本IPoE方式のipv6になる。※ぷらら光だけ例外。

Yahoo! BB関係のIPv6はすべて有料になるので注意

フレッツ光でプロバイダをYahoo! BBにしている人やSoftBank光を利用している人はIPv6を使うには有料となります。

 

専用の光BBユニットをレンタルして設置することで、IPoE方式のIPv6とIPv4が使えるようになります。レンタル料金は月500円です。

 

他に光BBユニット不要なIPv6(IPoE)のみ利用できるオプションがありますが、こちらは戸建てタイプで月1,200円、マンションタイプが月950円と高額です。しかも、IPoEのIPv6のみの接続になるので、IPv4にしか対応していないWEBサービスは使えないのでおすすめできません。

IPv6で接続しているかの確認方法

ちゃんとIPv6で接続できてるかは簡単に確認できます。

 

IPv6かどうかの確認はぷららでできます。
⇒IPv6接続確認ツールはこちら

IPv6接続確認ツール

「IPv6で接続できているか確認する」をクリックすると接続状況に応じて画面が切り替わります。

IPv6接続確認ツール結果

1クリックでIPv6で接続できているか確認できるので手間いらずです。

IPv4からIPv6(IPoE)にすると速度はどれだけ上がるか試してみた

私は現在マンションタイプでIPoE方式のIPv6でネットに接続しています。

 

実際にIPv4とIPv6でどこまで速度が変わるか測定してみました。
IPv4

IPv6

IPv6にすることで実効速度が約2倍アップしました。休日の夜の混雑する時間帯なので十分満足できるスピードです。

 

追加料金不要でただ切り替えるだけなので、IPv6接続は1番簡単な速度アップ方法といえます。

IPv6(IPoE)採用のドコモ光(GMOとくとくBB)がおすすめ

ドコモ光(GMO)実測

光コラボレーションのドコモ光(プロバイダはGMOとくとくBB)はIPv6(IPoE)を標準搭載しています。

 

実測の数値に自信があるので、サイト上でも全国平均を公開しています。

 

ドコモ光は光コラボレーションなので、フレッツ光を利用中の人は工事不要で乗り換えられます。工事をしてまで別の回線(NURO光やauひかりなど)にしたくない人におすすめです。

 

⇒ドコモ光の月額料金からキャンペーン解説はこちら