一人暮らし ネット 選び方 おすすめ

一人暮らしにはポケットWiFiと光どっちがいい?

一人暮らしのネット環境の選び方

家にいる時もスマホでネットを見ている人が増えてきましたが、スマホだけではパケットの使い過ぎや通信制限が気になります。

 

そこで、スマホとは別に何かネット環境を用意しようと考えた場合に、工事不要のお手軽のポケットWiFiから速度が安定した光回線まで選択肢は様々です。

 

このページでは使い方に合った一人暮らしの方に向けたネット回線の選び方をまとめました。

 

⇒すぐに光とポケットWiFiの料金比較を読みたい方はこちら

料金比較の前にどんな使い方をするかでどっちが良いか変わる

毎月かかる料金は確かに大事な比較ポイントです。

 

しかし、料金よりもまずは自分がネットをどのように使うかを基準にして選んだ方が失敗しないです。

 

それに、肝心の料金自体もマンションにお住まいの方なら光もポケットWiFiもほぼ同じ金額で使えます。下手をすると光の方が安い場合もあります。

 

HuluやYouTubeを毎日1時間以上視聴する人が、料金が安い理由で月7GBしか使えないポケットWiFiを契約しても、1週間もしないうちに7GBに達して速度制限で使えないレベルになってしまいます。

 

反対にネットで動画はほとんど見ない、オンラインゲームやダウンロードも全然しない人が光を選ぶメリットもありません。

 

ポケットWiFiがおすすめな人、光がおすすめな人を次に書きました。

工事不要で外でも使えるポケットWiFi!でも、弱点はある……

一人暮らしのポケットWiFi

一人暮らしで自分だけしかネットを使う人間がいないならポケットWiFiも選択肢の一つです。

 

固定回線と違い工事がいらないので、ネットで申し込んで家に届いたらすぐに使えます。

 

また、携帯電話の回線を利用してネットに接続するので、自宅以外に外出先でもネットが使えます。旅行の良いお伴になります。

 

最近はポケットWiFiの中にも電源が別途必要なホームルータータイプが登場して人気です。電源が必要な代わりに電波の出力が上がって、遠くまでWiFiが飛ぶようになっています。WiMAXのL01sやSoftbankのSoftbank Air(カンタンWi-Fi)が代表的です。

 

ただ、ポケットWiFiも昔と比べて利用ユーザーが増えたことで回線自体が逼迫しているので、通信量に応じた制限があるのが弱点です。

 

さらに、通信制限になっていなくても、夜は著しく速度が低下する口コミも多いです。

 

WiMAXのギガ放題プランやSoftBank Airは月にどれだけ使っても問題ありませんが、3日で10GB以上使うと混雑時に速度が低下する制限があります。

 

暇つぶしに動画をよく見る人にとっては3日で10GBは簡単に超えてしまいます。

 

ポケットWiFiは動画視聴メインの使い方でなく、たまに外出先で使ったり、今住んでいるマンションから2年未満に引っ越す予定があるような人におすすめです。

通信が安定しているので、ダウンロードや動画視聴にも強い光回線

一人暮らしの光回線

ポケットWiFiと違い有線を部屋まで引いてくるので、速度が安定していてダウンロードや動画視聴もガンガンいけます。

 

ただ、いくら光と言っても選ぶプロバイダによっては、夜のユーザーが多い時間帯に速度が著しく低下することもあります。

 

そういった地雷プロバイダを避けるには、できるだけマイナーなところは選ばないのが大切です。

 

口コミも大切ですが、住んでいる地域によって速度は変わってくるので、ほとんどのプロバイダが良い口コミと悪い口コミがあります。

 

悪い口コミだけのプロバイダは絶対避けるべきです(笑)

 

ちなみに、デメリットの1つである工事も最近はほとんどのマンションですでに設備導入済みなので、工事と言っても無派遣工事で家の中に人が入ってくることもありません。知らぬ間に工事が終わっていて、ネットが使えるようになっています。

 

光回線は通信量や速度低下を気にせずにネットをガンガン使いたい人におすすめです。動画を見る人なら絶対光が良いです。

【余談】マンションに導入済の無料のネットは使えるレベル?

最近は空室対策に入居者が無料で使える光回線をサービスで提供しているマンションがあります。

 

私が以前住んでいたマンションにもe-styleという会社が提供する無料の光がありました。

 

設備も導入済みなので、住み始めたその日から使うことができるので、速度も満足いくレベルなら何も問題ありません。

 

しかし、実際は問題ありでした……

 

利用者が多い夜のゴールデンタイムは速度が1Mbpsを切って、動画サイトはまず見られないです。

 

夜中や朝方は快適に使えるんですが、普通に学校に行ったり、出勤する人ではそういった生活スタイルで暮らすのは難しいです。

 

結局私は1ヶ月も経たずに別途光を契約して回線を引きました。

 

ただ、入居者のネット利用率が低い場合は混雑する時間帯でも快適に使える可能性があるので、最初から自分で回線を引くよりはまずは使ってみて様子見をおすすめします。

ポケットWiFiと光を特典を加味して月額料金を比較

ポケットWiFiと光の料金比較

ネットの料金を比較する時は毎月の通信料金だけでなく、特典の還元分を加味してトータルの金額(よく聞く実質料金というやつです)で比較するのがベストです。

 

ポケットWiFiの代表格であるWiMAXでは特典にキャッシュバックか月額割引が用意されています。ここでは分かりやすく1番安いWiMAXの月額割引キャンペーンであるGMOとくとくBBを一例に挙げます。

 

比較する光のキャンペーンは当サイトで1番人気のSoftBank光(フレッツ光の光コラボ)です。

項目 WiMAX
月額 3,344円(2,590円) 3,800円
契約期間総通信料金 78,748円 91,200円
実質月額料金 3281.16円 2633.33円

通常4,380円の月額料金がGMOとくとくBBの2年間月額割引キャンペーンなら月3,344円でさらに最初の2ヶ月間は2,590円となっています。

 

対してSoftBank光は毎月3,800円で、特典に28,000円のキャッシュバックが付いてきます。

 

どちらも2年契約なので、総通信料金から特典分を引いて24で割ると、なんと高いイメージがある光の方が600円以上安い結果となりました。

 

光でもお得なキャンペーンなら月3,000円を切る金額で使うことができます。

 

また、SoftBank光は名前の通りSoftBankが提供する光コラボサービスなので、SoftBank携帯とのセット割があります。

 

SoftBank携帯1台につき最大2,000円を携帯電話の料金から割引する「おうち割光セット」が適用できるので、さらにお得になります。

 

外出先でも使う予定があるならポケットWiFi、家メインで使うなら使い勝手でも料金でも光の方がおすすめです。