フレッツ光 光コラボ テレビ

フレッツ光や光コラボのテレビサービスの初期費用や料金をチェック

ご自宅の造りの問題でアンテナが建てられない方や家の周りに高い建物があって地デジの映りが悪くて困っている人の救世主が、ネットを利用した地デジ視聴です。

 

NTT西日本エリアでは「フレッツ・テレビ」、東日本エリアでは「ひかりTV」という名称でサービスが提供されています。

 

このページではフレッツ光回線のオプションであるテレビサービスの初期費用から料金をまとめました。

フレッツ・テレビの初期費用、月額料金はいくら?

項目 料金
工事費 3,000円(7,500円)
スカパーJSAT施設利用登録料 2,800円
テレビ接続工事費 1台6,500円

2台以上19,800円

月額料金 660円

まずは初期費用としてフレッツ・テレビの工事費として3,000円、スカパーを視聴しない人もスカパーJSAT施設利用登録料として2,800円がかかります。

 

工事費で(7,500円)になっているのはすでにフレッツ光を利用中の方がフレッツ・テレビを後から追加する場合の料金です。3,000円はフレッツ光加入と同時加入の場合の料金です。

 

次にテレビに繋ぐための配線工事を頼む場合は1台なら6,500円、2台以上は19,800円となります。ご自身でされる場合はお金はかかりません。

 

最後に毎月かかるフレッツ・テレビの月額料金は660円となっています。

 

月660円で地デジ・BSデジタルが観られます。スカパーは別途契約が必要です。

ひかりTVの初期費用、月額料金はいくら?

項目 料金
工事費 無料
チューナーレンタル料 500円
月額料金 1,000円~3,500円

東日本のひかりTVでは工事費などの初期費用がかかりません。

 

毎月の料金はチューナーレンタル料+選んだプラン料という仕組みになっています。

 

1番安い基本放送プランの料金でも1,500円かかってしまうのがネックですが、専門チャンネルが11チャンネル見放題とコンテンツは充実しています。

 

他に基本放送プランの内容に14,000本以上のドラマや映画見放題が加わったビデオざんまいプランや専門チャンネルが40チャンネル以上加わったテレビおすすめプランがあります。

 

ビデオざんまいプランとテレビおすすめプランの内容が合体したお値うちプランもありますが、月3,500円と少々高いです……

光コラボのテレビサービスの対応状況は?

NTT回線を利用したプロバイダ一体型のサービス、光コラボレーションでもテレビサービスはあります。

 

名称は違いますが、たとえばSo-net光ならSo-net光コラボテレビ(フレッツ・テレビ)、ひかりTV for So-net(ひかりTV)といった感じで同じサービスが同じ料金であります。

 

すでにフレッツ光でテレビサービスを利用中の方も安心して光コラボへ転用できますし、新規で加入する方も大丈夫です。