フレッツ光のマンションのタイプや配線方式による違いまとめ

フレッツ光のマンションのタイプや配線方式の違いまとめ

集合住宅で使うフレッツ光では導入されているマンションタイプに違いがあり、さらにタイプによっては部屋までの光ケーブルの配線方式によって種類が色々分かれています。

 

マンションタイプや配信方式が変われば速度も変わりますし、月額料金も変わってきます。

 

残念ながら導入されているマンションタイプや配線方式を自分で変更することはできませんが、フレッツ光加入前にどういった特徴があるかは知っておくことはできます。

フレッツ光のマンションのタイプと配線方式による違い

西日本と東日本で細かい名称が異なりますが、まず3つのにタイプ分かれます。

「スーパーハイスピードタイプ 隼(西日本)」、「ギガマンション・スピードタイプ(東日本)」>「マンション・ハイスピードタイプ」>「マンションタイプ」

文字数が多いほど理論値が速くなります(笑)
もっと分かりやすい名前でいいと思うんですけどね。

タイプ 最大速度
マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼

ギガマンション・スピードタイプ

下り1Gbps(1,000Mbps)
マンション・ハイスピードタイプ 下り200Mbps
マンションタイプ 下り100Mbps

ここからさらにマンションタイプは配線方式が分かれて、光配線方式、VDSL方式、LAN方式があります。

 

マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼、ギガマンション・スピードタイプ、マンション・ハイスピードタイプは光配線方式のみです。

マンションタイプの光配線方式、VDSL方式、LAN方式の違いや特徴

速度の安定度・実測の数値の高さ

光配線方式>LAN方式>VDSL方式

配線方式 特徴 通信速度
光配線方式 自宅の部屋まですべて光ファイバーによる配線になるので、1番速度低下が起きにくいです。 下り最大100Mbps
VDSL方式 マンションまでは光ファイバーで部屋までは電話回線のケーブルで配線するので、速度が落ちやすいです。 下り最大100Mbps
LAN方式 マンションまでは光ファイバーで部屋まではLANケーブルで配線します。光配線方式とVDSL方式の中間に位置します。 下り最大100Mbps

配線方式による理論値上の最大速度に差はありません。

 

しかし、配線方式が違うことで実際の速度に差は出ます。光ファイバー部分を電話回線やLANで代用するためノイズが影響しやすかったり、距離減衰が起きやすくなります。

 

ただし、VDSL方式だからといって必ず遅いというわけではなく、同一集合住宅内のユーザー数や使い方の方が影響度は大きいです。

毎月の料金はどう変わってくる?

※あくまでも回線部分の料金になります。
ネットを使うにはさらにプロバイダ料金がかかります。

タイプ ミニ プラン1 プラン2
マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼 3,420円 2,930円 2,530円
マンション・ハイスピードタイプ西日本 3,420円 2,930円 2,530円
マンションタイプ(光配線、VDSL)西日本 3,420円 2,930円 2,530円
マンションタイプ(LAN方式)西日本 2,820円 2,330円 1,930円
ギガマンション・スマートタイプ 3,950円 3,350円 2,950円
マンションタイプ(光配線、VDSL)東日本 3,650円 3,050円 2,650円
マンションタイプ(LAN方式)東日本 3,300円 2,700円 2,300円

住んでいる集合住宅内のフレッツ光契約者数によってプランが変わります。

 

ミニは6(東日本は4)ユーザー以上、プラン1は8ユーザー以上、プラン2は16ユーザー以上となっています。

 

契約者数が増えるほど混雑して速度が遅くなる可能性が高まるため、その分料金は安くなります。