ドコモ光の料金や評判など加入前に知っておきたいことまとめ

ドコモ光の初期費用から月額料金や速度、評判などなどまとめてチェック!

ドコモ光ロゴ

光コラボレーションが始まったことで、今まで回線業者とプロバイダに分断されていたのが一体で提供できるようになりました。

 

まとめてサービスを提供することによってコストの削減による料金の値下げや困った時の窓口が一元化されるので、ユーザーにとってはメリットだらけとなります。

 

このページでは日本で一番ユーザーの多い携帯キャリア、ドコモが提供するドコモ光についてまとめました。ドコモユーザーはもちろん、他社ユーザーも必見の内容になっています。

ドコモ光の初期費用と工事費

新規申し込みか転用(すでにフレッツ光利用中)かによって初期費用と工事費が変わります。

 

土日祝日に工事をする場合は追加で3,000円がかかります。

新規申し込み時の初期費用と工事費

まず契約事務手数料3,000円かかります。次に工事費がマンションなら15,000円、戸建てなら18,000円かかります。工事費は分割払いができますが、契約期間内に解約した場合は残債分を一括で払わないといけません。

 

ドコモ光申し込み

転用時の初期費用と工事費

現在契約しているフレッツ光のプランを変更しない場合は事務手数料の3,000円のみです。

 

ドコモ光加入時に契約中のプランから速度の違うプランに変更する場合(100Mから1Gなど)は工事費として7,600円がかかります。

ドコモ光の月額料金と割引は?

契約時に選ぶプロバイダによってタイプAとタイプBに分かれます。また、プロバイダを別で契約する単独プランもあります。

タイプA

ドコモ光タイプA

タイプB

ドコモ光タイプB

マンション

契約タイプ タイプA タイプB 単独
ネットのみ 4,000円 4,200円 3,800円
ネット+電話 4,500円 4,700円 4,300円
ネット+テレビ 4,660円 4,860円 4,460円
ネット+電話+テレビ 5,160円 5,360円 4,960円

戸建て

契約タイプ タイプA タイプB 単独
ネットのみ 5,200円 5,400円 5,000円
ネット+電話 5,700円 5,900円 5,500円
ネット+テレビ 5,860円 6,060円 5,660円
ネット+電話+テレビ 6,360円 6,560円 6,160円

パケットパックのセット割引表

パック 割引額(マンション) 割引額(戸建て)
ウルトラシェアパック100 3,000円 3,200円
ウルトラシェアパック50 2,400円 2,500円
シェアパック15 1,800円 1,800円
シェアパック10 1,200円 1,200円
シェアパック5 800円 800円
ウルトラデータLLパック - 1,100円
ウルトラデータLパック - 900円
データMパック 800円 800円
データSパック 500円 500円
らくらくパック 500円 500円
ケータイパック 500円 500円

ドコモ光のメリットの一つであるセット割引です。家族で使うシェアパックから個人用のデータパックまで毎月の通信料から割引されます。

ドコモ光電話の初期費用、工事費、基本使用料や通話料金はいくら?

ドコモ光電話の基本使用料は500円です。ネット使用料に500円プラスされます。

ドコモ光電話の初期費用と工事費

ドコモ光加入と同時に光電話に加入するのと光電話のみと後から加入するのでは初期費用と工事費が変わります。

 

固定電話を少しでも使う可能性があるのなら同時加入を強くおすすめします。

ドコモ光加入と同時
工事内容 番号ポータビリティあり 番号ポータビリティなし
工事費(派遣あり) 3,000円 1,000円
工事費(派遣なし) 3,000円 1,000円

契約事務手数料は無料でかかりません。

ドコモ光電話のみ加入もしくはドコモ光開通後の加入
工事内容 番号ポータビリティあり 番号ポータビリティなし
工事費(派遣あり) 9,000円 7,000円
工事費(派遣なし) 4,000円 2,000円

上記の工事費に契約事務手数料としてプラス2,000円かかります。

 

また、光電話ルーターの設定を自身でやるのではなくお願いする場合は追加で機器設定工事料として1,000円必要です。

ドコモ光電話の通話料金

お住まいが西日本エリアか東日本エリアで料金が変わってきます。

対象通話 西日本 東日本
市内 8円/3分 8円/3分
県内市外 8円/3分 8円/3分
県外 8円/3分 8円/3分
国際電話(アメリカ) 9円/1分 9円/1分
ドコモ 16円/1分 16円/1分
au 18円/1分 17.5円/1分
ソフトバンク 18円/1分 17.5円/1分
ワイモバイル 16円/1分 17.5円/1分

ドコモ光電話のオプション一覧

オプション名 内容 月額
通話中着信 携帯電話にもある割込通話です。通話中に第三者から着信が合った場合に通話ができます。 300円
転送でんわ 着信をあらかじめ指定した番号へ転送します。 500円
発信者番号通知 ナンバーディスプレイです。かけてきた人の電話番号が分かります。 400円
ナンバー・リクエスト 非通知でかけてきた相手に番号を通知してかけなおすようにアナウンスします。 200円
迷惑電話ストップサービス 登録した電話番号からの着信を拒否します。 200円
着信お知らせメール パソコンやスマホ宛に着信があったことをメールでお知らせします。 100円
ダブルチャネル 1契約で同時に2回線分通話ができるサービスです。 200円
追加番号 使用回線を含めて最大5回線まで増やせます。 100円

ドコモ光電話バリューはオプションがまとまってお得

ドコモ光電話パックは500円しかかかりませんが、機能は電話のみで、上のオプション表にまとめた機能は一切ついていません。

 

そこで、ドコモ光電話バリューと言うドコモ光電話にオプションと無料通話480円分がついたものがあります。

 

月額はドコモ光電話より1,000円高い1,500円になりますが、上の表の通話中着信から着信お知らせメールまでのオプション利用料がコミとなります。

 

通話中着信やナンバー・ディスプレイぐらいしか必要ない人でも無料通話がつくので検討してみてはいかがでしょうか。

ドコモ光テレビオプションの基本使用料、初期費用、工事費はいくら?

ドコモ光テレビオプションとして月額660円で地デジとBSがアンテナ不要で楽しめます。アンテナがいらいないので、悪天候時にもBSやCSの映像が乱れることなくご覧になれます。

 

ドコモ光テレビオプションの初期費用や工事費はドコモ光電話と同様に加入タイミングによって費用が変わります。

ドコモ光加入と同時

テレビ台数 基本工事料 テレビ接続工事料 スカパー利用登録料
1台 3,000円 6,500円 2,800円
2台~4台 3,000円 19,800円 2,800円

テレビが1台なら12,300円、2台以上4台までは25,600円が初期費用としてかかります。

ドコモ光テレビオプションのみ加入もしくはドコモ光開通後の加入

テレビ台数 基本工事料 テレビ接続工事料 スカパー利用登録料
1台 7,500円 6,500円 2,800円
2台~4台 7,500円円 19,800円 2,800円

上の表にプラスで契約事務手数料として2,000円がかかります。

 

テレビが1台で18,800円、テレビが2台以上4台までで32,100円が初期費用としてかかります。

 

スカパー利用登録料はすでにスカパーを利用中で契約名義とドコモ光申し込み名義が一致していれば請求されません。

 

また、ブースター設置工事は1台につき12,000円、テレビが5台以上のお宅は5台目から1台につき3,300円が追加で必要です。

ドコモ光の解約時の違約金はいくら?

ドコモ光は解約による違約金はありません。

 

工事費を分割で払っていた場合には残りを一括で払うことになります。

 

また、解約月はいつやめても月額料金が満額請求されます。解約は次に乗り換える先のネット回線の開通状況によりますが、できるだけ月末にした方がお得です。

ドコモ光のリアルな評判は?

正直ドコモ光の評判は悪かったです……

 

フレッツ光のOCNからドコモ光のOCNに転用で申し込みをしたら速度がガクンと落ちたと言ったような口コミを多く耳にします。

 

この速度低下の理由はサービスイン当初にユーザーが予想以上に殺到したため、確保していた回線網がパンク寸前になったためです。

 

ドコモ光も2017年で3年目をむかえるので、大分落ち着いてきて評判も良くなってきています。



それでも上の口コミのようにまだまだ遅いといった意見もみられます。

 

そこで、おすすめしたいのがプロバイダをGMOにすることです。プロバイダをGMOとくとくBBにすることで、接続が次世代のIPv6の専用回線になるので、混雑することなく快適に使えるようになります。

ドコモ光GMO速度

GMOは速度に自信があるので、理論値上の速度では無く、実測の平均を公開しています。

 

また、万が一実測で100Mbpsを下回ることがあれば毎月100円分のポイントをもうらうことができます。それだけ自信を持っています。



実際の口コミも100Mbpsを超えていて評判もいいです。ドコモ光の速度面が不安な方にはGMOがピッタリです。

 

また、次にご紹介する期間限定のキャンペーンも見逃せません。

ドコモ光プロバイダGMOとくとくBBのおすすめ5大ポイント

1.工事費無料(5/7まで)

ドコモ光新規申し込み時にかかる最大18,000円の工事費が5/7までの利用開始で無料になります。(転用は元々無料です。)

 

ただし、土日祝日の追加工事費(3,000円)やご自宅の構造上の問題で追加で工事が必要な分は無料になりませんのでご了承ください。

2.WiFiルーター無料

通常月額300円かかる下り1.3GbpsのIPv6対応のWiFiルーターが無料でレンタルできます。

 

ただ、WiFiルーターのレンタル期間が37ヶ月となっていて、37ヶ月未満にとくとくBBを解約する場合は違約金として10,000円がかかります。※月300円を払ってWiFiルーターだけレンタルし続けることも可能です。

3.最大5,000円キャッシュバック(2/28まで)

ドコモ光キャッシュバックエリア

エリアによってAとBに分かれます。エリアAは5,000円、エリアBは3,000円のキャッシュバックとなります。

4.dポイント10,000ポイント(5/7まで)

5/7までにお申し込みの方全員にドコモの携帯料金の支払いやお買い物に使えるdポイントが10,000円分もらえます。

 

dポイントの受け取りはドコモ光利用開始月の翌々月になります。

5.他社違約金撤去費用最大30,000円負担(3/31まで)

現在他社回線利用中の方で違約金が気になる方に嬉しい乗り換え促進キャンペーンです。

 

固定回線だけでなくWiMAXなどのモバイルWiFiルーターからの乗り換えも対象に含まれるので、最近モバイルの通信制限がキツくなって乗り換えを検討中の人にもおすすめです。

 

ドコモ光申し込み