光コラボキャンセル

光コラボを申し込み後にキャンセルする時の注意点まとめ

光コラボに申し込みが完了した後にキャンセルした時の注意点についてまとめました。

 

新規・転用どちらも申し込み後にキャンセルできますが、転用の場合はネット環境がなくなってしまうことがあるので気を付けないといけません。

 

光コラボの転用に申し込むと今までフレッツ光+プロバイダだったのが、光コラボ事業者が一気通貫でまとめてサービスを提供することになります。

 

したがって、回線部分がNTTから光コラボ事業者に切り替わってからキャンセルしてしまうとネット回線が無い状態になってしまいます

 

また、キャンセルでは契約解除の違約金はかかりませんが、契約事務手数料や工事をしてしまった場合には工事費が請求されます。

光コラボキャンセル時にかかるお金まとめ

項目 金額
契約事務手数料 800~3,000円
工事費 2,000~24,000円

契約事務手数料は事業者によって違いますが、高くても3,000円です。

 

工事費はお住まいの環境と人員派遣の有無で変わります。すでに導入済みの場合は2,000円だけしかかかりませんが、基本はホームタイプ18,000円、マンションタイプ15,000円となっています。

 

転用の場合はすでに光設備が導入済みなので2,000円のことが多いです。設備導入済みでもコース変更(100M⇒1Gなど)をして申し込んだ場合は約10,000円かかります。

 

通常工事費の支払いは月々の通信料にプラスする形で分割払いを選べますが、キャンセルした場合は全額を一括で払わないといけません。

光コラボのキャンセルまとめ

  • 解約料金はかからないが契約事務手数料や工事費は請求される
  • 転用はタイミングによってはネット環境がなくなってしまうので注意

とにかく転用を申込んだ時のキャンセルだけは注意です。違約金なしでキャンセルできても廃止(解約)扱いになってしまうことがあるので、キャンセルすることが決まったらなるはやで対応しましょう。